吉良の茶 【吉田神社祭りHome】 【神楽】 【囃子】 【笛】 【太鼓】 【演奏】 【Link】 【prof】 【Mail】

侏儒の太鼓

かんな目手彫りの小鼓叩いていて楽しいのは締太鼓の胴締太鼓の胴…欅締太鼓の革小鼓の革


小鼓の革
 2つの小鼓の革、見分けが付くでしょうか。左は馬革、右は合成革です。本革の方は、とても良く鳴ります。ポプタチを打ち分けることが楽にでき、早打ちも容易です。
 対して合成革は、新品から良くなると言うことですが、鳴ります。鳴るんですが・・・、何と言っていいのか、強く打つと変な音になってしまうし、タが打ちにくいし、早打ちは難しいし、うーん、結構技術がいります。また、本革のような余韻のある音は出ないし、大きな音も不得意、楽しくタポポポと打てないんだなー。合成革を試奏をしているうちに、左手の甲が痛くなってしまいました。打つ強さや場所を正確にしないと、思う音が出てきませんので、鼓の練習にはぴったりかも。文句を言ってはいけません。値段からすれば、お買い得品です。
 本当のところ、合成革は良く鳴ると聞いたので、楽ができるかなと思っていたのですが、甘くは無かったですね。胴の鳴りのチェックには向いています。


締太鼓の革
 言わずと知れた締太鼓です。とてもいい音がします。音質は堅めで高い音がします。革の厚みは普通くらい。この厚みの革で、この音が出るのもびっくりです。革の表面がつやつやしています。こんなの見たことがありませんね。
 右は、革の拡大写真です。凸凹しているのがよく分かります。本来はこうなのでしょうが、大抵の革の表面はこの凸凹が分からなくなっています。よく見ると、艶があるのも見て取れます。右上の黒い筋は、毛です。鞣しても少し残ってしまうのでしょう。
 締太鼓の革で、こんな立派な革を見たことがある人は少ないでしょう。すごいですね。
 尚、北谷戸組や吉田神社では、この革を使用しています。
 欲しくなってきたでしょう。1つ下を見てください。


締太鼓の胴…欅
 できたてのほやほやの欅刳り抜きの締太鼓胴です。本漆仕上げで美しいです。胴には、周りの景色まで写ってしまって、仕上げの良さが分かります。  これだけきれいだと、烏胴とはいえ、見ていても気持ちがいいです。こうなると、この胴に絵を入れたくなりますね。どんな絵を入れたらよいでしょうか。下の笛と揃いの絵にしましょうか。

 この太鼓の皮もすばらしいです。雌牛の糠なめし皮で、締太鼓に適する部位を選んで製作された物です。太鼓屋さんのこだわりの作品です。
 出てくる音は、澄んだコーンという音で、これが本当の締太鼓の音だったんだということを知らされます。今まで聞いていた締太鼓の音は湿った音でした。締太鼓の音に疑問を持っている方には、ぜひ聞いて欲しいですね。
 通常の和楽器店で入手しようとすると、随分高くなってしまいますよ。欲しい方は、こちら。


締太鼓の胴
 締太鼓の胴にも、音響効果を高めるために、かんな目が入れてある物が有るようですが、なかなかお目にかかれません。現在製作される胴には、かんな目は入れないようです。
 探しましたよ、かんな目の胴。材質は栓です。これは、かんな目と言うよりも、のみ目と言った方がいいですね。革口や外側は、木工旋盤で削ってあります。音越部だけ、のみで凹みを持たせるように、両側から削ってあります。栓だからできる細工でしょうか。きれいに仕上げるのならば、旋盤を使用した方がよいですし、旋盤で途中まで仕上げて置いて、のみで削っているのですから、この形に仕上げたかった訳です。
 凹みの形からすれば、特定の周波数で共振を起こしますので、音響効果は有りそうです。試奏してみると、胴鳴りが大きく、ふくよかな音質でした。
 この木は、音を吸いやすい材質ですので、音響効果を上げるには、金箔を張ると良いでしょう。しかし、それでは高価になってしまいますので、塗装をしてしまうのが良いかもしれません。

 こんなのもありました。のみの目が細くなっています。しかし、受けの部分がきれいにそろっておらず、作りは雑です。鳴りが悪かったため、後で彫り直したように見えますね。

 こんなのもありました。高級品ですが割れています。太鼓屋さんで貰ってきました。内部まで丁寧に仕上げし、塗装までしてあります。内部の彫り込みは、長胴太鼓によく見られる方向に彫り込まれています。ただ、この凹凸の形から言って、音響効果を上げるということに貢献できているかどうか疑問に思います。この胴は、欅の心材を使用していて、着色する必要が無いのですが、何故か色づけしてあります。
 試奏した結果、共振点がやや高い方にありました。胴なりのキンキンした音は、溝の効果により和らいでいるようです。堅めの胴なので良く鳴るかと思ったら、意外と締まった音になっていました。


叩いていて楽しいのは
 ポンポコリンのポンポコポン、裏の畑から狸囃子が聞こえてくる、と家族から陰口が・・・。鼓は楽しいですね。太鼓の中では一番気に入っています。打っているときの音がいいですね。この写真の鼓、よ~く使い込んであります。胴と革との共振点が合っています。かんな目は有りませんが、よく鳴る鼓だと思います。
 鳴るのが面白くて、つい調子に乗り、強く叩きすぎることもしばしば。破ってしまっては残念ですので程々にと思っているのですが、叩いているとつい・・・。
 気に入っている次の理由は、仕舞っておくのが楽なこと、そのまま箱に入れて置けばいいですから。締太鼓は、調べをすべて緩めて置かねばならないし、大太鼓は、置き場所に困るし。その点、小鼓は楽です。箱から出し入れするだけですから。革も滅茶苦茶長持ちしますので、交換のことは考えずにすみます。まっ、たまには修理が必要かも。
 欠点は、新革だと鳴るようになるまで、相当打ち込まなければならないこと。祭りでは、良く鳴るようになってきた革は、取り扱いが少し荒いと破れてしまい、長持ちしません。革の裏側もかなりバリバリに割れてきます。高級品の革は、100年使っても割れてこないと言いますから、そういうのが使えるようになりたいですね。


手彫りの小鼓
 この鼓、よく見てみると、受の中程から風切にかけて、ちょっと変です。普通お椀のような形になっているところが、中程から曲率が急になっているのです。このかんな目ではこういう形状になる?風切が丸くなっているのもちょっとおかしい。反対側は、普通の鼓と同じような形になっています。そこで考えたのが、鳴りが十分では無かったため、受の中程から彫り直したのではないかと言うことです。だったら、反対側よりも深くなっているはず。
 早速測ってみました。革口内径:7.95から8.07cm、革口から風切間での深さ:4.57cm、風切径:3.3cmでした。比較のため、反対側を測ってみると、8.0cm、4.8cm、3.3cmでした。予想に反して浅いではないですか。彫っては見たけれど、測ったら浅かったので、もう一度彫り込んだ、ということでしょうか。
 音越の入り口付近も彫り直したように見えます。やはり、鳴りに問題があり、よく鳴るまで掘り進めたと考えた方が良さそうです。鳴りを求めて試行錯誤をしていたのでしょうか。まあ、手彫りということはよく分かりました。造りはいい胴です。で、どちらを表にしたらよいのか悩んでいます。

 ところで、小鼓というのは、スピーカのコンプレッション・ドライバーと構造が同じです。コンプレッション・ドライバを2つ向かい合わせで繋げた構造ですね。音越と反対側の受部分をホーンと捉えることもできます。発音機構としては、実に理に叶っているではないですか。驚きですね。

 面白いことは、小鼓のサイズは、革口:外径10cm内径8cm、長さ:25cmと、メートル法で製作されている?


かんな目

嵐鉋段鉋  小鼓の受や音越の部分には、かんな目と呼ばれる彫り込みがしてあるものがあります。音響効果を高めるため、ということですが、どれほどでしょうか。初めは、このかんな目、古い小鼓の筒だけに有りましたので、昔は手で掘っていたから、きれいにできないんだね、と思っていたのです。うちの組の小鼓の中にも、段かんな目の鼓が有ります。古いので、外観は悪く、当たり傷だらけで、蒔絵もはげ落ち、人気は有りません。しかし、鳴らしてみると、新しいのよりも良く鳴るのです。勿論、革を変えても同じ。古いのは、ちょっとしたところで造りが違うんだろうなどと思ったものです。
 しかし、かんな目そのものが鳴りを良くするはずがありません。あの格子状の目は、特定の周波数で消音効果が有るはずです。写真の段かんなでは、3kHzから4kHz辺りの音を吸収するはずです。人間の耳には、この周波数付近の音が良く出る楽器音は不快に感じるのです。
 では、良く鳴るのは如何に。段かんなをよく見てみると、段になっていて、1つの段は少し凹んでいます。これですよね。この凹みにより、特定の周波数で共振を起こします。段は少ないので6段、多いのだと15段くらい有りますので、多くの周波数帯で共振が望めるわけです。嵐かんなは、螺旋になっていますので、広い周波数帯で共振が望めそうですが、広いだけに、効果は少なそうに見えます。目が粗い分、消音効果としては、もう少し周波数は下がるでしょうね。
 うー無、先人の知恵はすごいですね。聞きたくない音は出ないようにし、聞きたい音は大きくする!
 では、検証をといきたいのですが、同じ革を使用する必要が有るけれど、それぞれで鳴りを調整しなければならないし、条件を合わせるのは結構面倒がかかりそうで・・・。誰かやってみません可ね。
 大太鼓でも、中が凸凹にしてあるものがあります。やはり、いくつかの周波数で共振させ、鳴りを良くさせているのでしょう。