吉良の茶 【吉田神社祭りHome】 【神楽】 【囃子】 【笛】 【太鼓】 【演奏】 【Link】 【prof】 【Mail】

西尾市寺津、八幡社の神楽

愛知県西尾市寺津、八幡社の秋祭りは、毎年10月第4土日に行われます。
神楽舞いが奉納されます。

拝殿

 この神社は、江戸時代領主に保護されていたため、大変立派です。
 鉄筋に見えますが、木造建築です。
 この辺りで、拝殿が妻入りの神社は珍しいです。

末社

 末社とはいえ、立派な造りになっています。

神楽殿

 鉄筋コンクリートに見えますが、木造建築です。
 屋根は銅葺となっています。作りは寝殿造り風です。

神楽
動画  (mpeg4 コーデック入手先
 4人縦1列で舞います。
 衣装は3年前から浦安の舞いと同じ物に換えました。それ以前は、西尾の他地区と同じような衣装でした。
 3尺弱の大太鼓、締太鼓2、篠笛11本調子(三河笛)
 曲目は、矢車、鶴、早神楽、神降ろし(終了時に1回だけ)  かつては12曲あったとのこと。岡崎、堅平、小鳥、矢車2が知られています。
 特徴は、太鼓だけで舞い始め、途中から笛が入ります。
 ここの神楽は、「神代神楽」とか「近江神楽」とか呼ばれています。
 西尾に多い伏見屋流や大和流とは、曲名こそ一致するものの、曲の内容は異なります。