吉良の茶 【吉田神社祭りHome】 【神楽】 【囃子】 【笛】 【太鼓】 【演奏】 【Link】 【prof】 【Mail】

西尾市楠村、天満宮の神楽

西尾市楠村、天満宮の秋祭りは、毎年10月第1土日に行われます。
大和流神楽が、小学生中心の囃子で奉納されます。

参道

 この神社は、境内がとても広く、参道が長くなっています。
 参道入り口からは、拝殿が遙か向こうに見えます。
 かつては、神社の周囲を馬場として、祭りの時に競馬が行われていたとのこと。

拝殿

 木造建築です。
 大変立派な作りです。

神楽殿

 木造建築の神楽殿です。碧南で見られる標準的な神楽です。

 巨海の古老が若い頃、楠の者と一緒に、一色諏訪神社に神楽を習いに行っていたという証言があります。
 この頃の一色諏訪の神楽は、現在と同じと考えられます。

狛犬等

 狛犬ならぬ、狛牛です。頭を撫でると、頭が良くなる御利益があるとのこと。

 天満宮ならではの筆塚。

神楽
動画 トヒヒャラmpeg4 コーデック入手先

動画 早神楽

 採り物は、扇、鈴、花の3種。
 囃子は、2尺7寸程度長胴、締太鼓2、笛小倉6号(11本調子くらい、ドレミ調に近づけたもの)
 太鼓配置は、羽塚と同じで、碧南流。
 衣装は、朱の下着に白衣、鶯色の直垂。

練習
 囃子は、小学生がほとんどで、本番は、小学生に任されます。
 笛方40、〆20、大太鼓10という大人数が2組に分かれ演奏されます。
 曲目は、トヒヒャラ、チリヒャラ、天神、川西、岡﨑、早神楽の6曲です。
 古くから使われていた大太鼓は、伊勢湾台風により壊れたため、現在の太鼓は新調されたとのこと。
 巫女は11名、この地域の中では、異色の舞となっています。
 かつては、チャラボコが行われていたとのこと。  古いタイプの神楽笛は、朝日流・伏見屋流で使用される神楽笛と同等です。
 羽塚より伝えられたとのこと。
 羽塚では、大和流の演奏スタイルとなっていますが、楠では碧南風となっています。
 大和流の代表曲である「大和」は、伝わっていません(羽塚にも無い)。