吉良の茶 【吉田神社祭りHome】 【神楽】 【囃子】 【笛】 【太鼓】 【演奏】 【Link】 【prof】 【Mail】

西尾八ツ面、久麻久神社の神楽

愛知県西尾八ツ面、久麻久神社の秋祭りは、毎年11月第1日曜に行われます。
伏見屋流神楽が奉納されます。

参道・拝殿

 八ツ面山の中腹斜面に社殿があります。
 趣のある参道となっています。

本殿

 本殿は、室町時代の建造で、重要文化財に指定されています。

神楽殿

 場所柄、小振りの神楽殿となっています。

太鼓

 4尺以上もある長胴太鼓です。  久麻久と羽塚、楠は、同じ1本の欅から、太鼓胴が造られています。
 久麻久の太鼓胴の上の部分から羽塚、その上が楠の太鼓胴となりました。
 4代前(100年くらい)に、同市小島の神楽を観察し、覚えたとのこと。それ以前から神楽はあったが、一時絶えていて、4代前の時に復活させたとのことです。

舞い
動画  (mpeg4 コーデック入手先

 神降ろしと舞いです。神降ろしは、徳次とほぼ同じです。

動画 すごもり
神楽殿の外に舞台を作り出し、5名で舞いを行います。



 町内会の人で、店を出しています。