吉良の茶 【吉田神社祭りHome】 【神楽】 【囃子】 【笛】 【太鼓】 【演奏】 【Link】 【prof】 【Mail】

碧南市大浜上、熊野神社の神楽

愛知県碧南市大浜上、熊野神社の秋祭りは、毎年10月第2土日に行われます。
神楽舞いが奉納されます。2004年は創建950年式年祭が行われました。

上の宮拝殿


 立派な拝殿です。とても大きな造りです。
 彫刻も立派です。
 屋根の上には、守り神が。
 多数の参拝者が見込まれるため、階段にはスロープが付けられました。

立地

 大浜下、熊野大神社と同様、かつては、海岸でしたので、神社のすぐ横に堤防があります。
 神社の裏には、往時の様子をかいま見ることが出来る松林があります。
 低地のためか、神社境内は土盛りして高くしてあります。

上の宮神楽殿

 鉄筋コンクリート造りで、碧南の標準的な大きさです。
 碧南では、どこも神楽殿の正面には神殿が置かれています。

太鼓
 3尺弱の長胴太鼓です。185年前に製作されました。
 神楽は、江戸時代、獅子神楽等が流行る以前に、尾張へ習いに行き、覚えてきたとのこと。ここから近隣各地へ広がっていった模様。
 流儀は朝日流ですが、当地では特に名称を付けていないようです。
 締太鼓1、篠笛11本調子(三河笛)
 曲目は、みちゆき、みやいり、あふとろ、あふとろ2、おーばこ、おーばこ2、ひゃひゃらい、ひゃひゃらい2、とろひゃい、とろひゃい2、こうそう、こうそう2、こうそうくずし、こうそうくずし2、やぐるま、やぐるま2、おーもん、おーもん2、やぐるまくずし、やぐるまくずし2、すごもり、すごもり2、たったがわ、たったがわ2、さがりや、さがりや2、なかしん、なかしん2、しんめい、しんめい2、のうくずし、まぬけ、まぬけくずし、あげかぐら、さがりかぐら
 「みちゆき」は、巫女を迎える時に、「宮入」は、巫女が神社にはいる時に、「下がり神楽」は、巫女を送り届けるときに演奏されるものです。現在は行われていません。

神楽
動画 すごもり  (mpeg4 コーデック入手先
 巫女神楽と呼ばれています。
 巫女は8名。2人ずつ横に並んで舞います。
 かつては、4名でした。

動画 上げ神楽
 神納め・早神楽だけは全員で舞います。


 巫女さんも、太鼓の練習。

創建950年式年祭

 3日間掛けて盛大に行われました。稚児は1500人も集まりました。

稚児行列

 すごい稚児行列です。稚児の数が1500人!
 囃子を伴って、巫女が先導します。
 10時から行列を始めて、昼になっても終わらず、午後3時までかかりました。

囃子

 大浜では、チャラボコは行われていません。
 囃子車は、チャラボコとほとんど変わりませんが、チャラボコではありません。
 「打ち囃子」と呼ばれています。
 稚児行列では、先導で囃しました。

もち投げ
 碧南名物、もち投げです。ここも盛大に行われました。
 もち投げ後、神社の境内で、うずくまる人々がたくさん出現し、何事かと見たら、もち袋から景品引換券を取り出しているのでした。
 尚、もちは軟らかく、おいしく頂くことが出来ました。
 景品も有り難く頂いてきました。