吉良の茶 【吉田神社祭りHome】 【神楽】 【囃子】 【笛】 【太鼓】 【演奏】 【Link】 【prof】 【Mail】

幡豆町、幡頭神社の囃子

愛知県幡豆郡幡豆町4番組、幡頭神社の祭りは、毎年8月第4土曜日に行われます。
「親子太鼓」と呼ばれる大太鼓2台の囃子が、毎年奉納されます。

神社全景

 境内は、槙囲いで囲まれ、清楚な印象を受けます。ご神体は、神前にある岩です。すぐ前は海岸となっていますが、以前は神社の前まで海だったようです。

拝殿



太鼓類
 3尺弱の長胴太鼓が太鼓台に乗せられている、幡豆郡で一般的なタイプです。
 小締めは、お約束の金胴タイプ。
 特徴は、2台を連奏することです。

囃子演奏
 動画(トッピリ、下がり葉)。  (mpeg4 コーデック入手先
 曲は7曲、トッピリ、オヒャラトロ、五、四、津島下がり、下がり葉、宮入。
 ここの曲を聴いて驚いてしまいました。何と、奥三河の旭町などに伝わる伯母沢流や丹波大垣内流と太鼓の打ち方が似通っているところがあります。この囃子は、この地域で言う「打ち込み」ではなく、「打ち囃子」の方があっています。
 吉良町にも同内容曲がありますがアレンジの仕方は丹波大垣内流と似ています。